保育士資格

保育士とは?

児童福祉法等が定める保育所など児童福祉施設に勤務し、乳幼児から18歳までの児童が心身ともに健やかに育つよう、保護者に代わって保護育成する仕事をする職員のことをいいます。一般に保育所などの施設で児童の保育をする職員のことをいいます。平成11年4月1日より男女共通の名称として「保育士」に改められました。

保育士の職場は、保育所に限らず、児童養護施設、知的障害児施設などがあります。

保育所やその他の児童福祉施設で、子どもたちが日常生活全般の生活習慣を身につけ、社会性の基礎を養うよう、援助、指導をする仕事です。

保育所の保育士は、乳幼時の保育はもちろん、子どもが自分で食事、排泄、衣服の着替えを行えるよう指導します。最近では母親が外で働く機会が増えていることもあり、保育時間の延長などで、保育士の役割も高まっています。

保育所以外で働く保育士の仕事は、日常生活全般の介助、指導はもちろんのこと、保育対象者の年齢の幅が広く、心身にハンディキャップを持っている子どもが多いため、よりよい状態に近づけようとする熱意が必要とされます。

幼稚園教諭免許状を持っていても保育所等には勤めることはできません。

保育士になるには?

下記のいずれかの方法で保育士資格を取得する。

  1. 厚生労働大臣の指定する保育士養成課程を持つ大学・短大・専門学校、または保育士養成施設を卒業した者が保育士資格を取得できます。
  2. 保育士試験に合格した者が保育士資格を取得できます。